編集後記

編集後記

いいねの数 9

熾烈な争い

総務省の全国家計調査が発表されました。
テレビでも毎年話題にのぼるのが年間の消費量「餃子のまち」日本一はどこか。
昨年までは宮崎県宮崎市が2年連続で1位でした。
今年は3年ぶりに静岡県浜松市が1位になり、昨年1位の宮崎市は2位に、宇都宮市が3位と続きました。

惜しくも(?)首位の座を明け渡した宮崎市。
宮崎市といえば、つながる本部のオンラインイベントでも司会でおなじみのつながる本部事務局長、渡辺創さん(衆議院議員)の地元。
昨日の予算委員会でも質疑に立ちました。質疑の様子はこちらからご覧いただけます。
null3位の宇都宮市は全国最年少女性議員の横須賀さきさんと総支部長の板津ゆかさんが中心となって、先日の「2024年を展望する会」や昨年の「つながる夏祭り」でサテライト会場を開設し、全国に盛り上がりを伝えてくれました。(そういえば、立憲民主党・前代表の枝野幸男さんの出身地でもありますね)
また、1位となった浜松市は立憲民主党副幹事長の源馬謙太郎さんの選挙区です。

パートナーズオンラインイベントでおなじみの議員や総支部のみなさんの地元同士が「餃子のまち」1位を競っているのは目が離せません。

コメント

CAPTCHA


※お寄せいただいたコメントはこちらの記事のページに公開のコメントとして掲載されることがあります。
※送信されたコメントは削除できません。
削除を希望する方は、jimukyoku@cdp-japan.netまでお問い合わせください。
※不適切なコメントは運営側の判断で削除されることがあります。